心理学の理論と技法を活用したヒューマンスキル研修のことならオフィスフレイユにおまかせ下さい。

オフィスフレイユ鈴木裕子人材育成コンサルタントオフィスフレイユ鈴木裕子人材育成コンサルタント

お気軽にお問合せください

メールフォーム お問合せフォーム

  • HOME
  • » ブログ » ブログ立ち上げました!いきなりトイレの話・・・

ブログ

ブログ立ち上げました!いきなりトイレの話・・・

こんにちは!鈴木裕子です。

 

オフィスのHPリニューアルに伴い、新たにブログを立ち上げました。(#^.^#)

ここでは、人材育成コンサルタントとしての私の考えや、日頃感じていること、

そして、読んでくださる皆様のお役に立つ情報などを、

掲載していこうと思っています。

 

ところで、みなさんは、トイレの貼り紙について、どう感じるでしょう?

唐突ですみません。しかも、いきなりトイレの話・・・(^_^;)

 

「今日もトイレをきれいに使っていただき、ありがとうございます」

 

よく目にするこのフレーズ。

私はいつも違和感を覚えるのです。

 

一見、感謝の意を表した美しい表現・・のよう。

でも、本当の目的は、実際にきれいに使ってくれた人に対する『お礼』ではなく、

これから使う人に対する、

「きれいに使ってくれるんでしょうね?お礼言われるくらいに!」という

警告ではないかと思うのです。

何か嫌味を言われているように感じてしまうのは、

ひねくれているからでしょうか。(^_^;)

 

 

では、こんなフレーズならどうでしょう?

 

「トイレを汚なく使用しないでください。他の人の迷惑になります」

 

こ、怖いっ! これもよく見る貼り紙ですが、

「どうせみんなトイレを汚すんだろ~」という決めつけた言い方。

お掃除してくださる方のご苦労は大変なものだと思いますが、

まだ何もしていないうちから、悪者と決めつけられると

何だか悲しくなります。(>_<)

 

 

こう考えると言葉って難しい。同じことを伝えるのにも、

伝え方によって全く印象が違いますから。

 

 

「あら、これなんか、よいじゃなーい~♪」

思わずちょっと拍手しちゃったフレーズはこれ。

 

「当店はさわやかトイレを目指しております。」

 

お店の意思表明が実に清々しい!

「あなた、こうしなさい!」という押しつけがましさのないところが素晴らしい!

 

 

私だったら、こんな言葉をプラスするかな~。

 

「当店はさわやかトイレを目指しております。ご協力いただけると嬉しいです」

 

これだと、相手にしてほしいことをちゃんと伝えている。

また、「そうして!」という一方的なお願いではなく、

「そうしてくれたら、私はこんな気持ちなの!」と、

自分の思いを率直に伝えているので、相手も素直に受け止めやすいかな~と。(*^。^*)

 

 

たかがトイレの貼り紙、されどトイレの貼り紙。

皆さんはどう思いますか?(^^)

 

 

実はこれって、

自分の考え・意見・気持ちを、その場の状況に合った適切な表現で伝える

相互尊重の自己表現法「アサーティブ・コミュニケーション」なんです。

私が実施する研修では、チーム内や他部署との折衝力を高めたり、

対人関係のストレスを軽減し、真の信頼関係を築く理論と手法として活用しています。

ご興味がある方は、この本をどうぞ。

 

 

≪おすすめ書籍≫

改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために 平木 典子

 

 

 

 

 

ブログ一覧


このページの先頭へ
オフィスフレイユ